平成30年 四月 卯月

 満開だった桜がそろそろ大風で散り始めてきました。来週は賀多神社の「春祭り」ですが、今年も葉桜になりそう。満開の時もあったのですが、土日に開催するようになってからは散った後が多くなりました。今年は全国的に早かったので仕方ありません。自然には逆らえませんからね。

4月1日三重高校が乱打戦を制止47年振りのベスト4に勝ち残りました。私より二学年上の上西、中田をようし優勝した時以来です。次回の対戦相手は、相手にとって不足無しの大阪代表大阪桐蔭です。すごく楽しみですね。打線が好調なので桐蔭のピッチャーを何とかして打ち込んでくれると信じていますが、相手はまるで社会人以上、プロの2軍より打つような感じの高校ですから大変です。ハラハラドキドキするような試合になってくれれば良いですね。

 今月は11日、12日(定休日)と連休します。

4月4日甲子園は大阪桐蔭の優勝!昨日の三重高校、どう考えても惜しかったですね。47年振りの優勝もあと一歩、三重代表も強くなりましたね。大阪桐蔭は東の横綱で、三重はどちらかというと平幕でも下位のほうだと思ったのですが、どうしてどうして堂々のベスト4でした。夏が楽しみですね。

4月5日今日は定休日です。

 春休みは今日で終わり・・・。孫たちを連れて猪倉温泉へ行って来ました。久居インターから15分ぐらいは知った所にある、宿泊もできる施設で日帰り温泉にも入れます。ゲートボール、メダカ展示、販売もしています。お湯は榊原の湯って感じの少しヌルヌル感があるお湯です。ナビで走ったら狭い道路を教えられました。標識を見てましった方が良いと思います。

 孫達と一緒にお昼は鰻丼、鰻が高くてなかなか食べれない人が多いと思っていたのですが、流石津市久居ですね。鳥羽とは人口が違います。早く行ったので直ぐ座れましたが、食べている途中でもう満席状態・・・。私より歳を取った人が経営していますが人口ですね・・・。

 猪倉温泉のマスコットと共に・・・。楽しんでいましたね。

 帰りは飯高にあるお茶屋さんに途中下車していって来ました。先週、営業時間を知らずに飯高温泉に行った帰り寄ったのですが16時少し過ぎで、16時までの営業時間に間に合いませんでした。と言う事で、今日は15時頃に入店してデザートを食べてきました。私と航也は抹茶ぜんざい、妻はパフェ、そして残念なことに明永は車でグッスリ寝ていました。こんな田舎のお店なのに次から次へお客さんが入ってきて少し驚きました。目的地なんですね。美味しかったです。食事ができるくらいの値段ですが甘い物には弱いです。

4月8日今日は「賀多神社」春祭り本日・・・。昨日は孫の航也と娘が「子供囃子」に出ていましたが、少し時間より早かったので見に行った時には終わる前で何処にいるかもわかりませんでした。暇だったから見に行ったのですが、毎年祭りがある度に街中は静かになります。

 すっかり会場の境内は葉桜で、何時もこんな感じが多いですね。

 お囃子が終わって帰ってきた航也とそれを見ていた明永・・得意の変顔が最近得意になって来ました。 

 今日は錦町の獅子、中の郷の天狗が町を宮司さんたちと一緒にお祓いをしてくれました。

 お祓いをしてくれている宮司さんは後輩の江崎さん、見てビックリ!私も歳を取ったと実感しましたね。天狗と獅子、何時もご苦労さんです。

 凡そ45年ぶりの再会です。昔、彼は神島中学でキャッチャーをしていて、私は鳥羽中でやっていました。神島というのは三島由紀夫の「潮騒」に出てくる「歌島」です。人数が少ない離島でしたのでチームとしては弱かったですが、彼は昔から大きかったですね。三重高校へ行ってからは相撲部に入り、昔の貴乃花みたいなすらりとした筋肉質の体ながら3年の時はインターハイで個人優秀しました。プロに行かず進学し群馬県で教諭をしていましたが、現在は退職し講演活動、相撲の指導などをしているそうです。鳥羽とは疎遠になるか分かりませんが、また家族で鳥羽へ来てくださいね。桐生市はいい人材を確保しましたね。

4月15日桜花賞は大本命で決まり、今回皐月賞は大荒れ!!GⅠレースしかしませんがこんなに外れるのは3連単が出来てから・・・。馬連だけにするかワイドだけにしないと当たりませんね。オルフェーブルの初子エポカドーロが見事な競馬で勝ちました。馬は血で走ると言いますから三冠馬のまず一冠は頂き権利を頂いた感じですね。

 昨夜は村田チャンピオンの初防衛戦、8回KOで見事に勝利!ゴロフキンを頂上とするミドル級ですが彼も歳になって来ましたのでチャンスはあると思います。是非見たい試合ですね。フライ級は残念でしたがまだ若いのでクラスを上げてまた頑張ってくれるでしょう。比嘉選手は強いですから具志堅さん、もう少し間を空いて試合を組んであげてくださいね。

 連休前の日々は予約がない限り静かなものです。予約が多く入ると人手不足で店を閉めざるえませんし、そうでない日はガラガラヘビ・・・。人口の少ない鳥羽では仕方ないのですかね?今年はメニューを変えていきたいと思っています。お寿司はある程度注文が入った時だけしていますが、当日では仕込みが出来ないのでお断りしています。地元でもファンの方は多いのですが、当店も回る寿司には勝てませんでした。これも時代の流れで、次の代の息子にも負担はかけれませんから仕方ありません。65年以上してきた仕事を削るのですから残念ですが、次の世代にこの店を残すためには必須でした。悔いはありません。新しい献立を考えてくれると信じています。

4月19日今日は定休日です。今日は予定がないのでドライブに行って来ました。まずは昼めしを伊勢で食べて伊勢道に入り、そこから何時もの飯高温泉に行くか違う場所に行くか、勢和多気で降りて走っていて思い立ったのは尾鷲熊野方面、久々に大台の道の駅で買い物をしてと思っていたのですが行き過ぎ、残ながらあきらめ何処に行こうか熊野の方に走っていきました。途中大台インターから高速に再び乗って走りました。尾鷲で降り、再び熊野方面の高速に乗り(工事中なのでまだつながっていません)始神のパーキングでちょっと休憩、鬼ヶ城を過ぎて走っていると世界遺産の「花の巌」があります。一度も行った事がなかったので少し休憩。巌の字を中々読めなかったので「いわお」と読むのが分かりすっきりしました。天照のお母さんが祭られている神社でいた。紀州にも太古の昔巨大カルデラが出来たのが分かりますね。

 昔々、この地方で強大爆発があり出来たカルデラの後でしょうね。溶岩が固まって来出た大きな岩なんでしょうか?毎年2月と10月には大祭があり多くの民が綱を張るようです。詳しくは調べてね。

 まだ行先は決まっていませんでしたが、昨日、友人がよく行くとい湯ノ口温泉の隣にある入鹿の瀞流荘(せいりゅうそう)へ行きました。後24キロという標識を見て決定しました。山道に入り走る事30分位、綺麗な川のほとりにその施設はありました。ホテルの上にはトロッコ電車が走っています。昔は鉱山があり、何を掘っていたかは知りませんが、およそ10分程で湯ノ口温泉の終点まで行きます。川下りなどが楽しめるそうで、夏休みなどは孫でも連れてくると喜ぶでしょうね。

 ここで日帰り入浴をしました。湯ノ口温泉にも後少し走ると行けます。少し泉質が違うようなので、次回は湯ノ口へ行ってみようかと思いますが、食事も出来て泊まれるのは此処だけらしいです。湯に口はコテージ、ロッジ、などで長期滞在型の湯治場のようです。詳しくは分かりませんが我々の想像です。